QUALITY

ABOUT DIAMOND

ダイヤモンドについて

DIAMOND

GIAと鑑定書

Joie de treat. のエンゲージリングのセンターストーンに使用されるダイヤモンドには、
独立国際機関GIA(アメリカ宝石学会)のグレーディングレポート(鑑定書)をお付けしています。GIA はダイヤモンドの世界的評価基準である4Cを考案し、鑑定と教育を行う非営利団体で、その厳格な公平さゆえに、世界中のジュエラーに信用を得ています。

またご購入後にも末永くご満足いただけるよう、
GIAのグレーディングレポート(鑑定書)をご用意し、ダイヤモンドの永遠の価値を保証しています。

グレーディングレポートは、ダイヤモンドを“4C” の基準により評価しその品質を保証するもので、ダイヤモンドの側面(ガードル)にはGIA のレポートナンバーがレーザー刻印され、ダイヤモンドとレポートの同一性と品質を証明しています。 ファンシーカットダイヤモンド等、一部グレーディングレポートをお付けしない商品もございます。

the 4Cs of Diamonds

ダイヤモンドの4つの”C”

Joie de treat.では、GIAが定めるダイヤモンドの評価基準である4C(カラット / カラー / クラリティ / カット)に従い、エンゲージリングのセンターストーンに使用されるダイヤモンドを選定しています。
リングのデザインやご自身のお好み、ライフスタイルに合わせ、カラットをお選びいただき、カラー / クラリティ / カットの各グレードにつきましては、Joie de treat.セレクションよりお一人おひとりのご希望をお伺いし、永遠の愛を誓うにふさわしい、美しいダイヤモンドをご用意いたします。

CARAT

カラット

カラットは、ダイヤモンドをはじめとする宝石の重さをはかる単位で、1カラット=0.20グラムに相当します。
カラットはダイヤモンドの価値を大きく左右する重要な要素です。
カラットが大きいものほど希少価値が高まり、また、見た目の印象にも大きく影響があります。
Joie de treat.では、エンゲージリングのセンターストーンには0.2ct〜、様々なカラットのダイヤモンドをご用意しています。

COLOR

カラー

一般的に、理想的なダイヤモンドは無色であるとされています。そのため、ダイヤモンドが無色透明であればあるほど高価なものとなり、希少価値が高まります。一見するとほとんどのものが無色透明に見えますが、実際にはその多くがやや黄色や茶色がかった色味をもっており、色味が少し濃くなるだけで価値は大きく変わります。GIAでは、完全に無色のものがDと等級付けされ、以下黄色味のあるZまでの23段階で評価されます。Joie de treat.では、エンゲージリングにふさわしいD・E・F・Gカラーの、希少価値が高く美しいダイヤモンドを選んでご用意しています。

CLARITY

クラリティ

天然のダイヤモンドは、極めて高温・高圧な深い地底で形作られているため、その過程の中で、インクルージョン(内包物)や、ブレミッシュ(外部の特徴)を伴うことが多くあります。クラリティとは、ダイヤモンドの透明度を表し、こうした特徴がどの程度存在するかを表すもので、完全にフローレスのダイヤモンドは非常に希少です。ほぼすべてのダイヤモンドには、人間の目には見えず、その美しさにも影響を与えることもない天然のインクルージョンがあります。
GIAでは、ダイヤモンドの表面の状態やインクルージョンの数、大きさ、位置、性質、そしてその要素がダイヤモンドの外観に与える影響によって、11段階に評価されます。

Joie de treat.では、VS2以上の、肉眼では内包物が認められない透明度の高いダイヤモンドを使用しています。

※一部、1ct以上のダイヤモンドでは、Sl1のものも使用することがあります。

CUT

カット

理想的なカットプロポーション

4Cの中で最も重要といえる基準は、ダイヤモンドに施されるカットです。 その対称性とバランスが決定的要素となるカットは、ダイヤモンドの美しさに大きな影響を与えます。カラット・カラー・クラリティは自然が決定しますが、ダイヤモンドに輝きという永遠の生命を吹き込むのは、熟練したカット職人の技です。カットは、プロポーション(比率)とフィニッシュ(仕上げ)によって評価され、4Cの中で唯一、人の技術を評価したものです。
正確にバランスよくカットされたダイヤモンドは、光をよく取り込み、きらめきを増幅させ、限りなく価値を高めます。
GIAが定めるグレードは、”Excellent”から”Poor”まで5つの段階が存在します。Joie de treat.のダイヤモンドは、最大限の輝きを引き出すプロポーションであることを重視し、最高位の”エクセレント”・”トリプルエクセレント”のみを使用しています。

カットの総合評価

Excellent理想的なプロポーションと仕上げで、最高の美しさを発揮

Very Good理想的なプロポーションに近く、その美しさを殆ど妨げない

Good一般的に流通しているプロポーション

Fairダイヤモンド特有の美しさを妨げてしまうプロポーション

Poor理想的なプロポーションから程遠く、輝きを妨げるもの

Triple Excellent(3EX)

トリプルエクセレントは、カットの総合評価と、フィニッシュ「ポリッシュ」と「シンメトリー」の3項目すべてが”Excellent”(最高位のもの)と評価されたダイヤモンドで、最高に美しい究極のエクセレントカットといえます。
Joie de treat.ではトリプルエクセレントのダイヤモンドも多数ご用意しています。

フィニッシュ(仕上げ)

ポリッシュ(研磨状態)ポリッシュとはダイヤモンドのファセット(面)の表面仕上げです。

シンメトリー(対称性)シンメトリーはファセット(面)の位置と並びの対称性です。

melee Diamonds

メレダイヤのこだわり

メレとはフランス語で「小粒石」という意味を持ち、メレダイヤは小粒のダイヤモンドのことを指します。
メレダイヤは、一般的に0.2ctに満たないダイヤモンドを指すことが多いため、鑑定書はつきません。
Joie de treat.で使用しているメレダイヤは、GIAグレードでGカラー以上、クラリティVS2以上に相当する、高いグレードのダイヤを選んでいます。またエタニティリングで使用しているメレダイヤは、上記に加え、GIAグレードでエクセレントカットのものを主に使用しています。
小さなダイヤモンドがいくつも連なって輝く、エタニティリングやパヴェデザインのリングでは、1粒1粒のメレダイヤの品質が、リング全体の美しさに大きく影響を与えます。厳選したメレダイヤで作られるJoie de treat.のエタニティリングは、最上級の輝きを放つ特別なリングとして愛されています。

QUALITY

こだわりの品質